水素水の基礎知識

水素水の製造方法・発生方法・電気分解について


水に水素分子(H2)を入れて結合すると水素結合水が出来ます。【水(H2O)+水素分子(H2)=水素水(H4O)】


水素水の製造方法には「水素ガス注入方式」・「電気分解方式」・「膜溶解法」・「化学反応方式」があります。


水素ガス注入方式


水素ガス注入方式の中でも2通りの方法があります。高圧をかけて、水の中に水素ガスを注入させる加圧式溶存方法です。



中でも現在の水素水の製造方法の主流となっているのが、ナノバブル製法やマイクロバブル製法と呼ばれる非常に細かい気泡を水に溶けこませることで高濃度で溶存水素量の多い水素水を生成することが出来ます。


加工された水素水は、水素が逃げないようアルミ製の容器に充填することで、水素溶存期間が長く保つことが出来ます。


この方式を採用している商品・・・ビガーブライトEX浸みわたる水素水クリスタル水素水など。


もう一つの方法は、高圧をかけたタンクに水素ガスを入れその中に水をシャワー状に入れていく方法です。この方法は、水素溶存時間が短くすぐに水素が抜けてしまうのが欠点です。


電気分解方式


電気分解方式にも2種類方法があります。



プラス・マイナスの2極分解方式は、プラス極に酸性水・マイナス極にアルカリイオン水が生成され、アルカリイオン水の中に水素が含まれています。この方法で作られた水は、アルカリ還元水・還元水素水と呼ばれます。


もう一つの方法は、水の中にマイナス極(陰極)を沈め、電気分解して水素を発生させる方法です。


膜溶解法



真空状態の中で細いチューブ状の繊維中空糸膜に水を流すと水中に溶け込んでいた酸素が中空糸膜の微孔から排出して脱気させます。


その後中空糸膜の周りを水素で満たし、脱気した水を通すことで水素が水中に溶存され水素水になるという方法です。


化学反応方式


プラスチック容器の中に金属(マグネシウム)を内蔵してあるスティックを水の中に入れフタをして密封。そして振って圧を書けることで、水とマグネシウムを化学反応し水素を発生させる方法です。


もともと水の含まれている水素を化学反応で切り離したものなので、理論上は実際に水素が増えているわけではないようです。


水とスティック・ペットボトルのような密封出来る容器があれば、自宅で簡単に水素水が作れる方法です。マグネシウムの他にも、亜鉛・シリカ(二酸化ケイ素)・カルシウムなどの鉱物を使っている商品もあります。


関連記事

水素水の種類と選び方
オススメ☆水素水


←前の記事水素水の秘密





オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報