水素水の基礎知識

放射能・放射性物質と水素水の関係性について


東日本大震災にともなう原発事故の影響などもあって、放射性物質に対する人々の防衛意識は、年々高まってきています。目に見えない物質である放射性物質は、体内にたやすく侵入して長い間とどまります。放射能の影響はすぐにはあらわれず、目に見える症状として出現し始めるのは、何十年も後になってからの場合が多いので非常に厄介です。



なぜ放射性物質が体に良くないかというと、体内で活性酸素と呼ばれる物質を作り出す原因になるからです。活性酸素とは、その名の通り活発な状態の酸素のことです。全ての活性酸素が悪い働きをするわけではありませんが、一部は病気や老化などの原因となります。有害な活性酸素は、全ての生き物にとって大切な生命情報であるDNAを傷つけることがあります。


DNAが傷ついてしまうと、生命の健康維持に問題が発生して、老化が早く進んだり、各種の病気にかかりやすくなってしまうのです。


放射性物質から体を守るための対策として一番いいのは、放射性物質のありそうな場所に近づかないことですが、体内に入ってしまったおそれがある場合は、できるだけ悪い活性酸素を生成させないか、発生した悪い酸素を除去するなどの対策をする必要があります。



放射性物質の除去に効果的だといわれているのが水素水です。水素水は放射性物質が作り出す、活性酸素を取り除く効果があるといわれています。有害な物質を除去することで、DNAを傷つけることを防いでくれるので、病気になるリスクを抑えることができます。


水素水は美容や健康に良い水として、元々人気があった水です。放射性物質が作る活性酸素への対策のほかに、病気のリスク軽減や美容への効果が期待できます。中身の成分や質が大切なので、「水素水」と書いてあればなんでもいいというわけではありません。


水素水は空気中に逃げやすい性質があるので、しっかりとした容器で密封されたものを選ぶようにした方が良いでしょう。購入するときはいくつかの商品を比較して、容器や成分などをよく確認するようにしましょう。





オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報