水素水の基礎知識

子供・妊娠中(妊娠初期)・お年寄り・病人でも水素水を飲んで大丈夫?


様々な効果のある水素水。身体の機能が弱い子どもやお年寄り・妊婦や病人でも飲んでも大丈夫なのでしょうか??


飲み続けても大丈夫?安全性と副作用でも紹介したように、副作用もなければ安全性にも問題ないので基本的にどんな人が飲んでも大丈夫です。(疾患がある場合、一部制限されることもあるので医師に相談しましょう。)


それどころか、免疫力をUPさせたり、抗アレルギー作用もあるので、水素水を飲むことを勧める小児科医もいるほどなんだそうです!



最近では、赤ちゃんの粉ミルクを作る水を水素水にするお母さんたちが増えてきているそうです。その理由とは、赤ちゃんの頃から水素水を飲むことで身体の活性酸素の発生を制御して健康な身体つくりができると言うのです。


子供の現代病とも言われるアトピー性皮膚炎。外的要因(衣服の素材・汗・ハウスダストなど)もさることながら、内的要因(食べ物や飲み物)からも発症してしまうこともあります。


アトピー性皮膚炎の治療には多くのステロイド剤が使われ、ステロイド剤を使い続けることは危険な場合もあるのです。そんな危険を回避したい・体質を改善したい。そんな思いから赤ちゃんに水素水を飲ませるお母さん達が増えているんです。


また、妊娠期間中もお母さんが摂取したものは、いいものも悪いものも赤ちゃんにダイレクトに届きます。健康生まれてきて欲しい!それは誰もが願う事です。


妊娠中のお母さんにも、おなかの中の赤ちゃんの健康にも効果があり副作用もないので、飲み始める妊婦さんも多いのだそうです。ただし、妊娠中毒症(浮腫で水分制限されていることもあり)などの症状がある場合は、自己判断せず医師に相談してから飲用しましょう。


人気の水素水の販売元に今電話で聞いてみましたので、その返答を以下ご紹介しておきますね。


Q.妊娠中でも飲んで大丈夫ですか?


浸みわたる水素水・・・はい、妊娠中でも問題なく飲んでいただけます。ただ、腎臓などの関係で水分摂取制限がもうけられている方の場合には、水素水も水分の1種ですので注意が必要とはなります。妊娠されている場合、定期的に病院に通われていると思いますので、ご心配な場合は、お医者様に聞いてみるのも良いかと思います。


トラストウォーター・・・はい、飲まれて大丈夫です。妊婦さんだけでなく、赤ちゃんからお年寄りまで、老若男女どなたでも飲んでいただけます。


ということで、妊娠されている女性でも水素水は飲んで問題なさそうですね。


もう1つ、子供にとっていい意外な水素水の効果があります。集中力・記憶力UPです!!


水素は小さな分子で水にも脂質にも溶ける特性があります。この特性で他の物質が入り込むことの出来ない脳細胞まで水素は入り込み活性酸素を除去します。



最近の研究で、アルツハイマー症の発症・進行に酸化が関わっていることがわかりました。脳が酸化されると脳細胞が破壊し、記憶力が低下していってしまいます・・・


水素水を飲むと、脳細胞の隅々まで行きわたり脳に蓄積した活性酸素を取り除き、神経細胞の増殖を助け、記憶力の低下を抑制したり、脳細胞が活発な時期の子供は記憶力UPにも効果があると証明されているんです。


水素水は脳の疲労やストレスを緩和し、血液循環を良くします。新鮮な酸素を多く含んだ血液が脳を巡ると、気分もリフレッシュされ集中力も高まります。


記憶力と集中力がUP↑↑し、勉強が出来るようになるのであれば、是非試してみたいと思うお母さん達も多いのでしょうね。


記憶力の低下にも抑制効果があるので、お年寄りの痴呆防止にもなります。その他にも、健康維持・病気予防・老化現象の抑止どお年寄りにも嬉しい効果がいっぱいです☆


また、糖尿病患者にも効果的で悪玉活性酸素を無力化することで血糖値も下がり、治療としての効果もあるのだとか!? 動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞など血管の疾患・ガンの発症・進行にも効果があるとして、病気を抱えている人も水素水を愛飲しているほど。


赤ちゃんからお年寄り・病気の人も妊婦さんも特定の制限がない限り、誰が飲んでも嬉しい効果が沢山ある水素水はまさに万能ですね!


水素の力で肌ツヤよく老化知らずの身体を作る「水素水36」


おもしろい動画がありましたので、ここでご紹介しておきましょう。



岐阜県関市 洞戸、白山系の山々に囲まれたこの土地は、自然に溢れその景観を見せてくれます。まさに木と水の国。この洞戸のほぼ中央に位置するのが、高賀渓谷。この渓谷を流れる水は、透明度が高く、とってもキレイ。ここ神水庵には、沢山の人が水を汲みに訪れているんです。


「水素水36」は、この美しい渓谷の水をベースにした新しい視点の水。
いったいどんな水なんでしょう。


「水素水36」の特徴、それは高賀渓谷の水から造られた国産天然水 高賀の森水を使用していること。そして何より、水中での水素の安定化を実現。ペットボトルで1年間の水素保存が可能な点です。通常では抜けてしまう水素を、どのように安定させているのでしょう。


まず、人体に必要な必須身ミネラルの1つ「マグネシウム」を原料にして「ヒドロキシアパタイト様化合物」を作ります。「ヒドロキシアパタイト」とは、聞きなれない名前ですが、歯や骨の抗生物質で人体に無害なものなんです。これに特殊な方法で電気分解処理をすると・・・ご覧のように水素が吸着されて離れなくなるんです。だから水中でも水素が安定して抜けていかないんです。
水素水36の原液は、この理論に基づき清潔で安全な環境で水素を封入されているんです。


ここで理学博士の久保田先生に補足していただきましょう。この水素水36は、私も知る限リでは世界初のペットボトル入り水素水と言えます。水素は非常に水に溶けにくい、また分子がちっちゃいために、容易にペットボトルを抜けていってしまう。そのために、ペットボトル入り水素水は、無理だということが業界の常識となっていました。


この水素水36は、水素を水の中に固定したことが新しいところでして、その方法として「ヒドロキシアパタイト様化合物」 このヒドロキシアパタイト、これは歯や骨の構成成分ですが、この中のミネラルは、いわゆるカルシウムなのですが、これをマグネシウムに変えたところが新しいところでして、これによって水素を固定することが可能になったわけです。これによりますと、理論的には100ppb以上の水素が含まれていると考えられます。


では、この水素水36の製造元にお邪魔してみましょう。水素水36の製造元、奥長良川名水株式会社は高賀渓谷の近く、洞戸の自然に囲まれた場所にあります。平成11年の創業以来、高賀渓谷の水を原料としたナチュラルミネラルウォーターの専門メーカーとして、モンドセレクションで4年連続で最高金賞を受賞した高賀な森水を始めとして数々の商品を展開しているんです。


それでは、水素水36の製造過程をみてみましょう。まず、ペットボトルがクラス10万クリーンルームでラインに置かれます。この時、目視によってボトルに破損や傷がないかをチェックします。ここからは、ノンストップ。殺菌用リンサーに入ったペットボトルは、次亜塩素酸の希釈水で殺菌されます。続いてクラス1000クリーンルームに移り特殊フィルターを通した無菌水でペットボトルを洗浄します。さらに、紫外線ビン口装置を通して、より清潔なペットボトルとなります。


そして、いよいよ5トンタンクで50倍に薄められた水素を封入した高賀の森水が、特殊フィルターを通し、非加熱・無菌の状態で充填されます。もちろんチャップも殺菌されています。


ここからは梱包の工程、賞味期限を印刷されたラベルを貼られたボトルは人の目によってチャックされます。続いて、全自動のマシンによって決められた数本数ごとにパッケージに梱包され、さらに搬出の過程で規定重量をチャックされるんです。ストックもロボットによって行われています。みなさん、お気づきですか?この工場は、ペットボトルをラインに置いてからは人の手に触れない非接触の製造システム。だから、安心、安全なんですね。


ここで、水素水36を愛飲している方の声を聞いてみましょう。""私は、お風呂の前に飲んでいるんですけれども、普段よりも汗がたくさん出てとってもスッキリとした感じになります。それも、とってもサラっとした感じの汗なので、老廃物がたくさん出ている感じがしてお化粧ののりもとっても良くなりましたし、次の日の朝のお肌の調子もとっても良くなりました。水素水36のおかげかな?って思います。""


""水素水36は、知人の紹介で飲み始めたのですが、なかなか下がらなかった前立腺の数値が下がってきてビックリしました。他にも身体の疲れが残らなくなったり、朝の目覚めがとても良くなったりしています。今ではほとんど毎日飲んでいます。""


""私はこの水素水36を1日掛けて飲むんですが、飲み始めてからお通じが良くなって、いつもお腹がスッキリです。水素水の効果なんですかね?汗をかかない体質であまり水を飲まなかったのですが、汗をかいて新陳代謝が良くなりました。これは本当に美味しいお水で、飲む習慣がつきました。""


いかがですか?国産天然水から生まれた全く新しい視点の機能水「水素水36」350mlと460mlの二種類があります。 ぜひ、ご覧の所までお問い合わせください。


関連記事
これが水素の力!水素水の効果と効能
飲み続けても大丈夫?安全性と副作用
老化・病気の原因は活性酸素!?


←前の記事こんな人は是非☆水素水を!!






オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報