水素水の種類と選び方

アルミパウチタイプの水素水

水素水を選ぶ時に、最も重視することは水素の溶存濃度です。せっかく水素水を飲むのであれば、水素が多く含まれている高濃度なものを選びたいと思うでしょう。


新鮮で高濃度の水素水を飲むためのポイントは、製造から出荷までの期間も大切ですが、充填容器の種類が最も重要なんです!!


高濃度水素水として販売されているほとんどの商品はアルミ製の容器です。アルミ製の容器が多いのにはちゃんと理由があります。


他のページでも紹介しましたが、水素の分子はとても小さくどこでも通り抜けてしまう特性を持っています。



小さな分子も逃さず保持できるのが多層構造になっているアルミパウチです。アルミパウチは、水・空気・光を通さず密閉性が高いのです。


多くの飲料に使われているペットボトルは、ペットボトル素材よりも水素分子のほうがはるかに小さく水素が抜けていまいます。アルミ缶も水素を逃しにくいですが、やはり多層構造のアルミパウチはかなり高い保持率です。店頭で販売されている、ペットボトル入りの水素水はほとんど水素が逃げてしまっているので水素はほぼ無い!と認識していてもいいかもしれません・・・



長期間に渡って水素を含有し続けることができるのはアルミパウチでしょう!


アルミパウチ入り水素水のメリット

安定した高濃度の水素を含有できる
長期間の保存が可能(6ヶ月程度)
持ち歩きに便利
雑菌が入る心配も無く衛生的
メンテナンスなど必要ない飲みきりタイプ


アルミパウチ入り水素水のデメリット

個包装になっている分、継続して飲もうと思うとコストがかかる
一度開封してしまうと、水素が抜けてしまう


総合的に考えると、アルミパウチは高濃度の水素を含有したまま長期間の保存も可能。持ち歩きにも便利ですが、500mlパック1本あたりだいたい250円から300円ほど(平均値)。ミネラルウォーターなどと比べると約3倍!!コストがかかることがちょっとネックですが、イイ点がたくさんあるので、オススメしたいタイプの水素水です。


アルミパウチタイプの水素水・・・ビガーブライトEXクリスタル水素水浸みわたる水素水など。




関連記事
これが水素の力!水素水の効果と効能
水素水はこうやって作られる-水素水の製造方法-






オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報