水素水の種類と選び方

家庭用水素水サーバー

多くの水素水サーバーは、電気分解することで水素水を生成する方式を採用しています。水道水を使用して生成するので、基本的に水道代と電気代だけで水素水が出来るのです。



何よりの魅力は、できたての新鮮な高濃度水素水がその場で必要な分だけをいつでも飲めるということ!!


サーバーからコップに入れるだけで高濃度水素水が簡単に飲むことができるのは、かなり魅力的です☆水素は揮発性の高い物質なので、その場で飲むのが1番効果的ともいいます。


しかし、本体の価格は15万円から30万円以上とかなりの高額。初期投資は大変ですが、長く使えば使うほどコスパも下がっていきます。


高価な商品ですので、レンタルというシステムもあり月々負担が少なくサーバーを利用する方法もあります。


水素水サーバーのメリット


☆その場で水素水を生成するので新鮮で溶存水素濃度の高い水素水がいつでも飲める
☆冷水・温水の両方が手軽に使える
☆ランニングコストが割安
☆家族みんなで使うことができる


水素水サーバーのデメリット


★サーバーの本体価格が高いので初期費用がかかる
★メンテナンスが必要
★製品の劣化で生成出来る水素量も減っていく
★製品のタイプによっては初期工事が必要
★持ち歩くことは前提になっていないので基本的に家庭用


水素水サーバーは、初期投資費用がかかりますが、電気代・水道代で毎日できたての水素水をのむことが出来ます。アルミパウチタイプの水素水を継続的につづけるよりも、実は経済的なんです!



初期投資が大きいので、高いイメージをもってしまいます・・・1年以上と長いスパンで水素水を続けたいと思うのであれば、水素水サーバーがオススメです☆


機種により様々ですが、メンテナンスも簡単なものもありますし、カートリッジなどコストのかからないものもあるので、自分に合ったサーバーをみつけるといいでしょう。


水素水サーバータイプ・・・アキュエラ・ブルールルド・ATPウォーターP-01など




少し変わったタイプの水素水サーバーもあるようで、動画を見つけましたので、以下ご紹介しておきますね。


携帯できる水素水サーバー『Pocket』の魅力



話題の水素水が携帯ボトルで作れる、夢のMyボトル登場。


最近話題になっている水素水をご存知ですか?
テレビや雑誌など各メディアでも取り上げられ、大学などでも様々な研究が進められている水素水。


ボトル状のもの、アルミパウチされたものなどが商品化され、最近では水素水ボトルサーバーが設置されているスポーツジムなども増えています。特に、美容、健康意識の高い女性たちを中心に水素水を毎日飲むことに関心が高まっています。


こうして注目されている水素ですが、実は空気に触れたり過熱することですぐに消えて無くなってしまうしまうという弱点がありました。
保存が難しく衝撃にも弱い水素水。
いつでもどこでも水素水を飲むにはどうしたら良いの?
もっと手軽に続けられる方法はないの?
そんな皆様の声から世界最小レベルの携帯できる水素ボトル『Pocket』は誕生しました。


ボトルに水を入れスイッチオン。
たった10分で新鮮な水素水が出来上がります。
持ち歩き可能で、中身が見えるオシャレなボトルは、水素の泡と幻想的なイルミネーションが、安らぎを与えます。



『Pocket』は、水以外の飲料水でも使用OK!!お好きなお茶やスポーツドリンクを入れて水素を発生させれば、自分だけのオリジナルドリンクの出来上がり。水素は、自然になくなりますので、お好きなときに何度でもスイッチを押して、新鮮な水素水をお楽しみいただけます。


どなたでも簡単に分解できるのでお手入れも楽々。オートクリーニングシステムを採用。
水素発生のリングは10年間なロングライフ。電極の汚れを防止しているので、いつも清潔な状態で使用することが出来ます。
約3時間の充電で、30~40回使用可能。
一回の充電にかかるコストは約2円。市販されている水素水の購入と比べても大変経済的です。


オフィスで、旅先で、スポーツシーンで、いつでもどこでも携帯できる水素ボトル『Pocket』
あなたも『Pocket』と一緒に新しい生活をスタートさせてみませんか?


水素水サーバー 「い~水H2」で美容と健康を手に入れましょう


Q、あなたにとっての理想の年齢の重ね方は?
時間の使い方とか、食べている物とか、あと、身なりとかを気をつけていらっしゃる方って実年齢より若い方もいらっしゃるんですけど、でも、年相応でもすごく綺麗だなって方はすごいいっぱいいらっしゃるので、そういう風になりたいなぁとは思います。


美容や健康に気をつけている多くの方に愛され、最も小さい原子、水素を豊富に含んだ水、水素水。
水素は、ビタミン類でも行き渡らない、身体の隅々の細胞・細胞核にまで届いて老化の原因と言われる「悪玉活性酸素」を除去してくれるのです。


活性酸素は、酸化力を持っていて細菌やウイルスを除去してくれますが、多くなりすぎると体の細胞や遺伝子を傷つけて老化や病気の原因になってしまうと言われています。
水素は、その活性酸素を除去!
そして、酸化を抑制する還元力を持っているのです。


例えば、りんごの酸化力・還元力は、およそ+545mV 切ったまま置いておくとすぐに酸化、変色してしまいます。 きゅうりはおよそ-120mV。抗酸化作用が高く、なかなか酸化しません。


い~水 H2で作った水素の還元力はなんと -400mV~-600mV
鉄が酸化していくように私たちの身体も活性酸素によってサビていきます。これがいわゆる「老化」や「病気」の状態です。だからこそ、還元力の高いものを日々補っていくことが大切なのです。
還元力の高い水素水を飲むことで酸化しにくい身体を作ることが出来ます!


Q、水素水と聞いてどんなイメージを持たれましたか?
最初は水素って聞いたら、何か身体に良くなさそうなイメージだったんですけど、調べていくうちに老化を食い止める抗酸化作用があるということが分かって、これからがすごく楽しみです。


Q、どこか体の悩みはありますか?
新陳代謝が悪くなっているなぁっていう感じでシワが気になったり、35歳を超えてからが肌の質が一番変わった感じがしたので、それが老化、酸化かなっと思うので、抗酸化作用は一番期待ですね。


現在、様々な機関で研究が行われています。
糖尿病のマウスに純水と水素水を飲ませ変化を観察した記録です。血糖値にはあまり変化は見られなかったようですが、2ヶ月を経過したあたりから体重に変化が見え始め、水素水を摂取しているマウスの体重が減っていきました。餌の摂取量が減ったわけではないので、水素水が何らかの影響を及ぼした可能性があります。


水素に期待されていること
・炎症を抑える効果があることが分かっていきました。
・水素は紫外線対策にも期待ができます。
・二日酔いにも水素は良いとされています。
・水素は遺伝子も守ると言われています。
・水素が、脂質代謝を促す可能性があります。
・運動するときに疲れにくくなったという声もあります。
・水素は身体に溜まらないため、副作用がないとされています。
このような期待から「水素水」が注目されているのです。


Q、水素水を取り入れてみて健康になった実感はありますか?
なかなか美容師という仕事がら、朝も早く夜も遅くて仕事もご飯も不規則になってしまいがちなので、そういったところで、20代の頃に比べると30代はだんだん疲れも溜まりやすく、少しずつ飲み始めるうえで、朝起きた時にちょっとスッキリしてきたかなぁっていう・・・


Q、い~水 H2の良い所は?
僕自身子供もいるので、ちっちゃい子が飲める用に、冷たいのも、温かいのも出ますし、そのまま出したらすぐにきれいな水が、しかも体に良い物が飲める、朝起きてもそうですし、帰ってきても、ご飯に使ったりだとか、お茶を出したりだとか何にでも使えるかなぁとは思います。


い~水 H2の水素サーバーはお手軽で簡単!
蛇口をひねるように簡単に水素水をお飲みいただけます。
いつでも手軽に水素水生活。


複数の高性能フィルターで、微細なバクテリアやイオン物質、PM2.5や放射線物質まで除去。特殊電解方式により水素を豊富に含んだ水を生成します。
安心、安全、簡単に出来立ての水素水を飲める、それが 「い~水H2」の水素水サーバーです。


Qどんな時に飲んでいますか?
朝起きた時と夜寝る前とあと、食事のたびに飲んでいるんですけれども 家族全員で飲んでます!お手軽にいつでも飲めるので取り入れてみました。


Q、い~水 H2を選ばれた理由は?
パウチで買うとすごく高いんですよ。毎日続けようと思うと金額的にもたないので、サーバーを取り入れました。


様々な効果が期待できる水素。そんな水素は分子がとても小さいのでペットボトルなどでは保存することに向いていません。市販の水素水はアルミパウチのボトルタイプが一般的ですが、毎日飲むとそれなりのコストが発生します。


い~水H2なら 月々7400円。
水道水から出来立ての水素水を作ることができて、わざわざ水素水を通販で購入し続ける必要もありません。みんなでたくさん飲めて、フィルターで放射性物質も除去できる安心、安全の優れ物です。
い~水 H2なら、月々7400円です。!!


い~水 H2で手軽に美味しく好きなだけ。
水素が豊富に入った水素水を 美容と健康のために取り入れましょう。




関連記事
これが水素の力!水素水の効果と効能
水素水はこうやって作られる-水素水の製造方法-


←前の記事水素水生成スティック






オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報