水素水の種類と選び方

携帯型充電式水素水生成器

できたての水素水を外でも飲みたい!家のサーバーからは飲めても外出時に持ち歩くことって困難です・・・手軽に携帯するならアルミパウチタイプもありますが、毎日コンスタントに水素水を摂ろうと思うと、コストがかかってしまいます・・・



外出先でも、低コストにいつでも水素水を摂ることが出来るのが携帯型充電式の水素発生器です。1回の充電で何度も水素水を生成することができ、飲みきってしまっても、また水を追加すれば水素水を作ることが出来てしまうのは嬉しいですね♪♪


価格もそれほど高くもなく、電気代とお水(浄水器の水orミネラルウォーター)だけでよいので低コストです☆また、市販の清涼飲料水も入れられるので水素入りスポーツドリンクも作れちゃいます!


携帯型充電式水素水生成器のメリット



☆電気分解による水素水の生成なので高い溶存濃度で安全性も高い
☆外出先でも手軽に水素水が生成できます
☆本体価格も良心的な価格設定なものが多い
☆毎日使っても低コスト
☆充電式なのでコンセントがない場所でも大丈夫!
☆繰り返し生成が可能
☆比較的短時間で生成することが可能
☆持ち歩きに便利なコンパクトサイズ


携帯型充電式水素水生成器のデメリット


★水道水がつかえない(使用するお水は浄水器の水やミネラルウォーター)
★一度に生成できる量に限りがある(300mlから350ml程度)
★定期的なバッテリー交換が必要
★1人用の前提で作られているので、シェアすることが難しい・・・


携帯型充電式水素水生成器は、いつでもどこでも出来立ての水素水を飲むことができ、繰り返しつかえるので低コスト!!本体価格も、3万円から10万円と手がでないほどの高額でもない。


アルミパウチタイプを3・4ヶ月続けるくらいの価格で買えますが、携帯型というだけあり個人専用の感覚になります。家族みんなで使おうと思うと、家族全員分の本体が必要になってきます・・・


それでも、サーバーよりかは安いのかな??と思いますが、家で使うことが多いのか、外出先で使うことが多いのかで選ぶポイントが違ってきますね・・・


携帯型充電式水素水生成器・・・携帯用水素ボトル Pocket




関連記事
これが水素の力!水素水の効果と効能
水素水はこうやって作られる-水素水の製造方法-


←前の記事水素水サーバー




オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報