オススメ☆水素水

水素濃度7.0ppmの水素水が簡単に作れる「7ウォーター(7WATER)」の口コミは?


「7ウォーター」は水素濃度7.0ppmの高濃度水素水を自宅で簡単に作れるキットです。フィットネスジム・医療の現場など健康に関するプロフェッショナルも選んでいる水素水です。



>>「7ウォーター」公式HPはこちら




水素水を選ぶポイント「水素濃度」


水素水は数多くのメーカーから多くの商品が発売されていますが、その中からどの水素水を選ぶか?と考えた時にまず重要視したいのが「水素濃度」です。


水素水は通常のミネラルウォーターよりも値段は高いです。せっかく多めにお金を使うのであれば、水素濃度にはこだわりたいところです。


高濃度水素水キット「7ウォーター」は水素濃度7.0ppmを実現している水素水です。他社の水素水の場合には、水素濃度が0.2ppmや0.5ppnという商品もありますから、比較してみれば差は歴然です。桁が違います。



1気圧においては水素溶解量の限界値は1.6ppmですが、7ウォーターの場合には耐圧ペットボトルを採用することによって気圧を高めた状態で水素を発生させることができるので、溶存水素濃度7.0ppmが実現しています。


水素を閉じ込めやすいアルミパウチ型の水素水は多く発売されていますが、7ウォーターは誰でも簡単にその場で水素水が作れるので、水素を閉じ込めなくてもよいのです。


アルミパウチ型の水素水は確かに水素水は逃げにくいですが、製造日から時間が経過するとともに溶けている水素がだんだんと抜けていってしまうこともあります。


7.0ppmって濃度高すぎない?


確かに、他のメーカーの商品と比べても「水素濃度7.0ppm」はかなり高い濃度です。「こんなに高い濃度の水素水を毎日飲んで、体に何か害はないの?副作用とかないの?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんね。


水素水以外のサプリメント・健康食品の場合には摂り過ぎは逆に良くない、というケースもありますが、水素水の場合はその点大丈夫です。


水素には体内の悪玉活性酸素とのみ結合して無害な水となって体の外へ排出させる効果があります。善玉活性酸素とは反応することはありません。



仮に、水素を摂り過ぎて体内で余ってしまった場合でも、体外へ排出されるので、過剰摂取が何か副作用を及ぼすこともなく安心です。


なのに、値段は安い。


水素濃度がこれほどまでに高いのに、値段は500mlペットボトル1本あたり187円と、他社の水素水と比較してもリーズナブルなことが分かります。



専用耐圧ペットボトルに水素発生剤を入れて作るタイプの水素水であり、耐圧ペットボトルは何度も使うことができるのも、安く買える1つの理由かと思います。


アルミパウチ型の水素水の場合には、1個ずつアルミパウチに入っていて、その容器代も値段に含まれているわけですから。


水素発生剤の安全性は?


7ウォーターでは「超飽和性水素発生剤」というものを専用耐圧ペットボトルに直接入れることによって水素水を作ります。直接入れることもあり「安全性は大丈夫なの?」と心配になる方もいらっしゃるかと思います。


専門の検査機関によって水素水作成前と後で水質に変化がないことが証明されています。水素発生剤は特許取得の技術によって中身が水に溶けてしまうことは一切なく安心。


特殊なガス透過性フィルムに覆われており、水を通過させることなく気体である湿気のみを通過させることによって水素水が作られています。



>>「7ウォーター」公式HPはこちら




実際に水素水を作ってみました。



水素水についての解説がのっている冊子がついてきます。




耐圧ペットボトルの飲み口ぎりぎりまで水を入れ、水素発生剤を入れてキャップをします。


少しでもスキマがあるとうまく水素水を作ることができなくなります。キャップした時に少し水があふれ出るぐらい水を多めに入れておくと上手く作れます。



約24時間後に完成。ペットボトル上部に水素がたまっているのが分かります。耐圧ペットボトルには圧力がかかり、固くパンパンになっています。


キャップをしたままペットボトルを横向きにして30秒間よく振れば完成。水素濃度の高い水素水がカンタンに作れました。


500ml飲んでみてすぐにトイレが近くなったのが実感できました。水素水を飲んでトイレが近くなるのは、ちゃんと水素水の効果が出ている証拠とも言われています。


おなじく水素濃度7.0ppmの水素水が作れる「aquela(アキュエラ)」の場合、作ってから15分ほどで完成するという速さは嬉しいのですが、作るのに少し手間がかかるというデメリットがあります。


「7ウォーター」の場合、とても簡単で手間もなく水素水が作れるのは嬉しいですが、作ってから24時間ほど置いておかなければいけないというデメリットがあります。


わたし個人的には「7ウォーター」のほうが好みです。ささっと作れて放置しておけば1日後には出来ているわけですから。わたしのような面倒くさがりの方には「7ウォーター」のほうをオススメします。


>>「7ウォーター」公式HPはこちら






オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報