オススメ☆水素水

業界トップクラスの水素濃度1.9ppm-2.5ppm「伊藤園の高濃度水素水」

「伊藤園の高濃度水素水」は、業界トップクラスの水素濃度1.9ppm-2.5ppmを実現した新発売の水素水です。水素が抜けにくい専用パウチ容器を採用しています。



>>「伊藤園の高濃度水素水」公式HPはこちら




独自製法で水素は抜けにくい。


水素水を選ぶ際に重要なのが「水素濃度」。特に重視したいのが、製造時の水素濃度ではなく、実際に飲む時点での水素濃度です。


「伊藤園の高濃度水素水」の場合、充填時には1.9ppm-2.5ppmの水素濃度です。


とても細かい気泡状態の水素ガスを吹き込むことによって、水素が長時間に渡って水の中に存在していられる、という特許登録済みの独自の充填方法で製造されています。独自製法で水素が抜けにくいという特徴があります。


水素が逃げにくい容器を使用しているので、製造から9か月という長い賞味期限となっています。他メーカーの水素水の場合には、製造されてから数か月もすると水素がほとんど逃げてしまっていて水素濃度がかなり低くなってしまっている、という話も聞きます。


伊藤園のこだわりとは?


伊藤園と言えばお茶・飲み物のイメージが強いですね。普段から自動販売機やコンビニなどでお茶を買うとすれば伊藤園という方も多いのでは?そんな伊藤園は1966年設立の歴史ある会社です。


そんな伊藤園は、早くから水素の健康効果に注目しており、通販専用として発売開始されたのが「高濃度水素水」です。


水素は時間が経つとともに失われやすいという性質を持った気体ですが、そんな水素を出来る限り逃がさないようにと研究が重ねられて商品となったのが高濃度水素水というわけです。


まずは気軽にお試しを。


伊藤園の高濃度水素水には、毎月お届けコースもありますが、まずは「お試し7本セット(送料無料)」で気軽に試してみることもできます。


7本飲んでみて、飲みやすいか?美味しいか?継続できそうか?を確かめてみてください。



>>「伊藤園の高濃度水素水」公式HPはこちら




実際に通販して飲んでみました。



7個のお試しセット。お手紙・冊子なども入ってました。


水素を密封するための4層構造のアルミパウチ容器についての解説。とても細かい気泡の状態で水素ガスをふきこむことにより水の中に水素が長い間存在していられることができます。水素を高濃度で充填するための特許登録済みの独自の充填方法です。


高濃度水素水以外の伊藤園の商品が紹介してある冊子を見てみたら、いろんな種類の野菜ジュースが掲載されてました。私の中では、伊藤園=野菜ジュースのイメージ。わりと野菜ジュース好きなので、けっこうじっくり見ちゃいました(笑)


野菜ジュースだけでも「30品目野菜」「純国産野菜」「パワフル野菜」などの種類があるようです。約50品種から選んだこだわりの伊藤園専用にんじん「朱衣(しゅい)」が使われているのが大きな特徴。通常の人参よりもβカロテンが豊富に含まれているそうです。


その他、緑茶・青汁、黒ニンニク・ヒアルロン酸・ブルーベリーなどサプリメントの紹介もありました。伊藤園って通販でサプリも扱ってるんですね。ちょっと意外でした。



パッケージ裏面には、「水素が極めて抜けにくい容器を使用しています。開栓後は水素が抜けていきますので、すぐにお飲みください。」と書かれていました。


いくら水素が抜けにくい容器だからとはいえ、キャップを一度開けたら飲み残さない方が良いということですね。


飲んでみると美味しくて飲みやすい水で、スっと体に染み渡っていく感じが気持ちよかったです。


飲み終わった後の2時間でトイレに2回行きました。水素水を飲んだ後、トイレが近くなるのは、水素が体の中の活性酸素と反応するという水素水の効果がちゃんと出ている証拠とも言われます。


>>「伊藤園の高濃度水素水」公式HPはこちら







オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報