オススメ☆水素水

出雲の天然湧水を使用した「メディソル高濃度水素水」結(ゆい)・縁(えにし)

「メディソル高濃度水素水」は出雲北山の地中から自噴している清水を原水とし、製造時3.0から3.5ppmの高濃度水素水です。



>>「メディソル高濃度水素水」詳しくはコチラ




最高濃度の水素溶存の秘訣とは?


マイクロナノバブル製法という方法を採用することによって、より多くの水素を水素水に含ませることに成功しています。ただ、いくらたくさんの水素を注入しても、パッケージから水素が抜けていっては意味がありません。


メディソルの場合には、パッケージを専門としているグループ会社があるので高濃度な水素水をお届けするために最適なアルミパウチなどのパッケージ技術があるので、その点は安心で、製造時には最大で3.5ppmという高濃度が実現されています。


また不純物が取り除かれることにより、99.99999%の最高純度の水素が使われています。


弱アルカリ性の超軟水


メディソル高濃度水素水には、出雲北山の分水嶺を水源とする超軟水が使われています。地元では半世紀もの間親しまれており、長寿に役立っているという一説もある不思議な水です。弱アルカリ性の超軟水で飲みやすくて美味しいと感じる方が多いのが特徴的なお水と言えます。


一般的に、軟水は硬度100以下の水のことを言いますが、メディソル高濃度水素水は硬度15の超軟水。ダイエット効果などを期待して硬水を好んで飲むという方は日本にもいらっしゃいますが、日本の水がほぼ軟水であることを考えても日本人が飲みやすいと感じるのはやはり軟水なのです。飲んでも体に負荷をかけることがない軟水は、年配の方や子供までご家族みんなで安心して摂取可能です。


出雲北山の湧き水から隣接する工場でメディソル高濃度水素水は製造されています。クリーンルーム完備でフードディフェンス思想。衛生管理が徹底されている工場にて品質にこだわりを持って作られています。


>>「メディソル高濃度水素水」詳しくはコチラ






オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報