水に関するお役立ち情報

硬度によって使い分けたい水 | 硬水と軟水の違いについて


ミネラルウォーターに限らず、洗濯やお風呂などで使用する生活用水などには硬水と軟水という2種類の分類がありあます。この2つの違いは硬度の違いによるもので、硬度は水に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量によって決定されます。



<硬度の計算方法>
硬度(mg/l または ppm)=カルシウム量(mg/l)×2.5 + マグネシウム量(mg/l)×4.1


WHO(世界保健機関)の基準によると、この計算方法で算出された硬度が120mg/L以上ならば硬水、120mg/L以下ならば軟水です。日本では一般的に硬度が100mg/L以上ならば硬水、100mg/L以下が軟水と言われています。こうした硬度の違いは分類する上での基準となるだけでなく、料理の味や人体にもたらす効果にも違いがあります。


日本の天然水のほとんどは軟水であり、昔から飲み慣れていることもあって日本人には軟水が好まれます。また、日本の料理でも軟水が適していると言われています。それは、日本料理で出汁として使われるかつお節や昆布に含まれる旨味成分が、ミネラルの多い水だと溶け出しにくく、さらに、水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムがアミノ酸と結合してアクとなって出てしまうからです。



また、緑茶や紅茶、コーヒーなども香りや味を引き出しやすい軟水が適していると言われており、腎臓など内蔵に負担をかけないので、普段の水分補給や赤ちゃんのミルクにも軟水が良いとされています。



これとは反対にヨーロッパの天然水の多くが硬水のため、料理でも硬水が好まれます。これは、硬水に含まれるカルシウムが食材に含まれている成分と結びついてアクとして出ていくためで、肉を煮込む料理や洋風のだしであるブイヨンを作る際には硬水がよく使われます。チャーハンはピラフなどに使う、粘りの少ないご飯を炊きたい場合も硬水が適しています。


飲料水としては、カルシウムやマグネシウムが腸の活動を刺激するため便秘に効果があり、カルシウムが脂肪の燃焼を助けるためダイエット中に良いとされています。


食べる量を減らすカロリー制限などでは食事からのミネラル摂取量が減りがちになるので、硬水で補ってあげると良いです。


ただし、ミネラル成分が腎臓に負担をかけるため、腎臓に問題のある場合は硬水を飲むのは控えたほうがいいでしょう。カルシウムをろ過することができず尿路結石の原因となるケースもあります。


寝る前・起きてすぐ・疲労時に硬水を飲むのも体に負担をかけてしまうこともあります。


もともと日本人は硬水を飲み慣れていないという面もありますので、まずは硬度300mg/l以下の硬水から始めてみて、下痢にならないか?など様子を見つつ、徐々に硬度を上げていき、問題ないようであれば硬度1000mg/l以上の硬水を試してみても良いかと思います。


コントレックスは硬度1468mg/l


スリムウォーターとして日本でも知名度の高いフランスの硬水「コントレックス」の硬度は1000mg/l以上。デトックス効果・利尿作用があるサルフェートを多く含んでいます。


ダイエット効果を高めるためには、一度にがぶ飲みするような飲み方はせず、1日を通じて少しずつ飲むのがポイント。


そして、いくら痩せたいからとは言え、硬水の飲み過ぎは良くありません。水分を適切に摂取することは大事なことですが、硬度に限らず水を飲み過ぎることは体にとって良くありません。


日本の水に軟水が多い理由


採水地によって水の硬度は変化しますが、日本で採れる水にミネラルをあまり含まない軟水が多いのはなぜでしょうか?



日本の地形は山・谷が多く、雨が降った時の水の流れが比較的速いといわれます。水は地層を流れる間にカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を吸収していくのですが、日本の場合には、地層の間をスピーディーに水が通過してしまうために、ミネラルをあまり含んでいない軟水が多いというわけです。


一方、ヨーロッパでは硬水が多く採れますが、「あれ?ヨーロッパにも大きな山脈などがあって、日本と似たような地形なんじゃないか?」と感じる方もいるでしょう。


ですが、ヨーロッパはなだらかな地形も広いという特徴があり、ゆっくりと水が流れていくのでミネラルを豊富に含む硬水になりやすいのです。石灰岩層の地層(カルシウムを豊富に含んでいます)も多いです。


関連記事

浄水器がついていれば安全な水とホントに言えるのか?
アルカリイオン水ってどんな水のこと?効果効能は?
海洋深層水はどんな特徴がある水のこと?
1日に必要な水分の量は?水分が不足するとどうなる?
食事の時に水を飲み過ぎるのは良くないこと?




オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報