水に関するお役立ち情報

アルカリイオン水ってどんな水のこと?効果効能は?


近年、健康志向の高まりから、人気となっているアルカリイオン水ですが、この水の大きな特徴は、胃腸の症状の緩和に働きかけるということで、毎日飲み続けることにより、気になっている胃腸の症状を少しずつ和らげます。


たとえば、胃もたれや胃の不快感などでお悩みの方には、胃の調子がよくなるなど症状の改善が報告されています。



このようなアルカリイオン水の大きな秘密は、酸化還元電位の違いなのですが、これは、水の電気的エネルギー量を示す指標のことを言い、このプラス数値が高いほど、酸化させる力が強力になり、逆にマイナス数値が高いほど酸化したものを元に戻す還元力が強くなるというわけです。


そして、このアルカリイオン水は、マイナス数値が高いので、酸化したものを戻す還元力が強いということになります。



また、アルカリイオン整水器と浄水器との違いは、浄水器は、水道水に含有されている残留塩素や不純物といったものを除去してきれいな水を作るという役割がありますが、アルカリイオン整水器は、この不純物やカルキ臭を除去した浄水をさらに、電気分解し、アルカリ性の水と酸性の水を作り出します。


そのため、アルカリイオン整水器とは、浄水器とは機能や生成される水の性質もまったく違うものですが、このように、電気分解したアルカリ性のイオン水は、家庭でも手軽に生成できるので、家族の健康のためにも使用することがおすすめです。


また、アルカリイオン整水器の仕組みは、水道水を浄水したあと、さらに電気分解するのですが、これにより、マイナスの電極にはアルカリ性のイオン水が、プラスの電極には酸性水が作られるようになります。さらに、カルシウム剤は、電気分解の促進剤として用いますが、カルシウム剤を入れることで、より、水に電気が流れやすくなるというしくみです。


なお、各地の水道水の水質にはバラつきがあり、アルカリイオン水のpHが規定の値に達していない場合に、カルシウム剤を入れるようにします。


関連記事

水道水に含まれている「トリハロメタン」とは?除去方法は?
浄水器がついていれば安全な水とホントに言えるのか?
海洋深層水はどんな特徴がある水のこと?
硬度によって使い分けたい水 | 硬水と軟水の違いについて
1日に必要な水分の量は?水分が不足するとどうなる?




オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報