水に関するお役立ち情報

水道水を安全に美味しく飲む方法 | 沸騰で塩素・カルキを除去?レモンを加える?


水道水には、カルキや塩素が含まれていますが、これは安全な水を供給する為に行われています。しかし、美味しい水を飲む為に、生の水道水のままでは不十分で、工夫を行わなければ美味しさを味わう事は出来ません。


ただ、工夫はそれ程難しくありませんし、簡単な方法を含めて美味しい水を実現する事は可能です。


水道水を美味しく出来る方法としては、一度水を沸騰させて塩素を飛ばすやり方があります。カルキも減らせるので、水道水よりも純度の高い水を作り出せたり、美味しさの成分だけを残すので飲料に適した水が得られます。沸騰させる方法は、カルキと塩素を効果的に除去しますが、水を汲み沸騰させる為の時間が必要です。


また、完全にカルキが抜ける訳ではないので、手間に対して得られる美味しさは十分とはいえません。塩素は十分に抜けるので、安全性は高まりますし、美味しさも保てる方法としてはバランスに優れています。



更に美味しさを追求する場合は、活性炭を使用して沸騰させる方法が効果的です。活性炭は、空気中のガスだけではなく、カルキや塩素といった成分も吸着する事が出来ます。


一度活性炭が捕まえた成分は、高温に晒されなかれば離さないので、水道水を沸騰させる程度なら吸着だけ利用が行えます。活性炭の表面は、小さな穴が無数に開いているので、大量に投入しなくても十分ろ過機能が活用出来ます。


沸騰させる事によって、カルキや塩素は抜けるので、活性炭を加える一工夫が美味しさを際立たせます。



水道水の工夫が面倒であったり、活性炭の使用に抵抗がある場合は、レモンを加えるだけでも美味しい水が得られます。レモンは、酸味が強く酸性の成分ですが、一方のカルキはアルカリ性の成分で構成されています。


酸性とアルカリは、酸化還元反応で中和されるので、レモンを数滴水に加えるだけでカルキ抜きは実現します。塩素に関しては、沸騰程効果は得られませんが、それでもレモンを数滴加えるだけの工夫は魅力的です。


レモン味が少し加わる事は欠点ですが、手軽さと少ない費用で美味しい水が飲める一つの方法です。


日本と世界の水道事情の違い



水道をひねるだけでそのまま飲めるというのは日本では当たり前のことですが、世界のほとんどの国では不可能です。安全な水が水道から出てきて、飲んでも問題がないという国は世界で15カ国ほどしかありません。ミネラルウォーターを購入したり水道水を自分でろ過しなければならないという国が大半なのです。



アジアで水道水が安全なのは日本とアラブ首長国連邦だけです。ただアラブの方は一応安全という程度で、観光で訪れた際はミネラルウォーターを購入した方が無難です。国民の大半がミネラルウォーターに頼っているという現状もあります。


日本の水は水道法という法律で水質基準が定められており、海外でも使われるほどの高度な浄水技術もあります。定期的に原水や浄水場・家庭の水道の水質検査も行なわれています。厳しい法律と高度な技術・厳しい管理体制のおかげでこれほど安全なのです。


日本のように水道設備が整っている国もあるものの、飲めるほどの安全性のある水を提供することができるのは更に限られた国だけなのです。



ただ、アイスランドなど消毒など技術面を頑張らなくても天然のおいしくきれいな水が流れてくるという国もあります。逆に安全面は大丈夫なものの、日本人になじみのない硬水のため飲んでお腹を下すという場合もあるので、海外では基本、ミネラルウォーターを購入して飲んだほうが無難でしょう。


水道の水を安全にして提供するためには管理体制を整備したり浄水技術を取り入れたりとコストが掛かります。それよりは安全な水をペットボトルの形で売るほうが安く上げることができるためあえて行わないという国もあります。日本と違って面積が広い国であれば国中に安全な水道水を行き渡すのは大変な作業です。


また、水道自体が通っていない国もあり井戸や川の水を汲んできているというところもあります。安心安全な水の国に生まれ育っているため日本人の水の雑菌に対する耐性は低いです。生水を海外で飲むのは避けたほうがよいでしょう。


以上のように、日本の水道水は世界的に見てもとても恵まれています。日本に住んでいると蛇口をひねれば飲むのに何ら問題のない水が出てくる、というのは当たり前という感覚になってしまっていますが、私たちは毎日もっと感謝の気持ちを持って水を扱うべきなのかもしれませんね。


関連記事

水道水に含まれている「トリハロメタン」とは?除去方法は?
浄水器がついていれば安全な水とホントに言えるのか?
アルカリイオン水ってどんな水のこと?効果効能は?
海洋深層水はどんな特徴がある水のこと?
硬度によって使い分けたい水 | 硬水と軟水の違いについて




オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報