水に関するお役立ち情報

海洋深層水はどんな特徴がある水のこと?


海洋深層水とは、水深200m以下の海水のことです。通常のミネラルウォーターや水道水などの水は、山を産地としています。軟水でミネラルが豊富なミネラルウォーターは、カルシウムを多く含んでいます。水の硬度はカルシウムとナトリウムの合計から算出されますが、海を水源とする海洋深層水は硬度は高く、現代人に不足しやすいカルシウムとマグネシウムを両方とも豊富に含んでいます。


表層水にはプランクトンが存在し、魚の死骸を分解しています。深層ではプランクトンのように死骸を処理する微生物がおらず、低温で中長期にわたって保存される過程でミネラルを含んだ成分が溶け出します、水深200mは化学物質の汚染がなく、菌の繁殖を抑える力があるのできれいな水を飲むことができます。



海洋深層水の効果はたくさんあります。アトピー性皮膚炎の治療は薬が主ですが、中にはタラソテラピーという海水や海洋性の気候、海泥などを使った治療法があります。タラソテラピーを受けられるのはスパで、そのような施設では肌への浸透力を上げて新陳代謝を良くするために、海洋深層水を使っています。アトピー性皮膚炎とはじめとする肌トラブルの改善と予防に有効です。


また海洋深層水を飲むと、血液がサラサラになります。高血圧や動脈硬化の予防、冷え性や肩こりの改善に有効です。海洋深層水に含まれるマグネシウムは、血管を収縮させるので、血管が拡張することでズキンズキンと痛む偏頭痛を改善します。薬を飲みすぎて頭痛薬が効きにくかったり、胎児のために薬を控えている妊婦におすすめです。



海洋深層水は浸透率が高いので、美容にも効果があります。生命維持に欠かせない微量元素が含まれているので、肌細胞を元気にして保湿効果を発揮するため、化粧水や美容液、入浴剤に配合されることがあります。家庭菜園をするときに海洋深層水で野菜や果物に水を与えると、色が鮮やかになり甘味も増すことが分かっています。


関連記事

水道水を安全に、そして美味しく飲む方法
水道水に含まれている「トリハロメタン」とは?除去方法は?
浄水器がついていれば安全な水とホントに言えるのか?
アルカリイオン水ってどんな水のこと?効果効能は?
硬度によって使い分けたい水 | 硬水と軟水の違いについて





オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報