水に関するお役立ち情報

ミネラルウォーターとは?ミネラルがほぼ入ってない水もある?

ミネラル(無機質)が多く含まれていなくてもミネラルウォーターと呼ばれていることは、みなさんご存じかと思います。ではなぜこんな名前がついているのか?不思議に思いませんか?



この謎を紐解くために、まずは1990年に農林水産省が定めた「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」を見てみましょう。水の殺菌方法・水の種類によって4種類に分けられています。それぞれの水の説明は分かりやすく簡略化して表現することにしますね。


「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」


1、ナチュラルウォーター
特定水源より採れた地下水が原水で、加熱殺菌・ろ過・沈殿以外の処理がされていない水。


2、ナチュラルミネラルウォーター
「1」の中でミネラルを含んだ地下水が原水で、加熱殺菌・ろ過・沈殿以外の処理がされていない水。


3、ミネラルウォーター
「2」の中でも、品質安定のためミネラル調整や複数の「2」を混合し、人工的に調整した水。


4、ボトルドウォーター
水道水・蒸留水・純水などの「1」から「3」以外の飲料水。処理方法の制限なし。


ミネラルの含有量の記載はなし?



ご覧になって分かるように「ミネラルを含んだ地下水」などの規定はされていますが、ミネラルの含有量に関しては一切規定されていないのですね。


ということは、ミネラルを例えほんのわずかしか含んでいない水でもミネラルウォーターということになるのです。このガイドラインは、今から25年以上前の1990年に定められて以後、改訂は行われていません。


加熱殺菌について


以上の「1」から「4」全てにおいて加熱殺菌はしてもよいことになっています。菌を除去して安全性を高めるという意味では加熱による処理は効果的なのですが、加熱殺菌によって水の構造が変化すると健康に良くないともいわれます。


なので生水(加熱殺菌されていない水)も安全であると認められれば市販されています。


ちなみに、ヨーロッパと日本とではナチュラルミネラルウォーターの基準が異なっており、ヨーロッパでは「どんな殺菌処理もされていないこと」とされているので、非加熱の生水のみがヨーロッパではナチュラルミネラルウォーターということになります。


健康に効果的な生水と言えますが、ヨーロッパの水は日本人には飲みにくいと感じる「硬水」であることが多いので注意は必要です。(参考ページ:硬度によって使い分けたい水 | 硬水と軟水の違いについて



ミネラルの種類


ミネラルウォーターの商品ラベルには、カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムの4つのミネラル含有量が書かれています。この4つ以外でも多く含むミネラルがある場合には書かれていることもあります。


これらミネラルの名前は聞きなじみがあっても、特徴や効果はあまり知らないという方が多いのではないでしょうか? どうせミネラルウォーターを飲むのであれば、購入前にミネラル含有量をチェックして、目的に合った水を選びたいものです。以下、それぞれのミネラルの特徴や効果を解説していますので、一読をオススメします。


・カルシウム


ミネラルの中で一番よく耳にするとともに、日本人が不足しがちなケースが多いといわれているのがこのカルシウムです。



硬水を飲むことの多い海外の国に比べて、日本人は軟水を飲むことが多く、水からカルシウムをあまり摂取しないことも、カルシウム不足の1つの原因とされています。カルシウムが足りていないと、高血圧・動脈硬化・骨粗しょう症など肉体的な病気の原因となるだけでなく、イライラするなど精神的な問題にもつながってしまいます。不足もいけませんが過剰摂取も食欲減退・脱力感を引き起こしてしまいます。


・マグネシウム



マグネシウム:カルシウム=1:2 で摂取すると良いとされ、マグネシウムはカルシウムの働きをサポートしてくれる存在です。カルシウムだけをたくさん摂取するのは逆効果。マグネシウムも同時に摂っていきましょう。サポート役だけではなく、便秘を改善してくれる効果もあります。


・カリウム
ミネラルウォーターだけでなく食品にも含まれるミネラルですが、排泄されやすいという特徴があります。しっかり摂取したいミネラルではありますが、摂り過ぎは不整脈・腎機能障害を引き起こすこともあり注意が必要。体の中のpH値調整に役立ちます。(ミネラルウォーターのpH値については、このページの下部で解説しています。)


・ナトリウム
カリウムと協力して神経の伝達をスムーズにしたり、カルシウムの代謝サポートをしたりなど、他のミネラルとの関係性は深いです。普通の食生活をしていれば十分摂取できるミネラルなので「なるべくナトリウムの含有量の多い水を飲もう。」などと水からの摂取量を上げようとする必要はないミネラルと言えます。


・サルフェート(硫酸塩)
ヨーロッパのミネラルウォーター(クールマイヨールなど)に多く含まれ、老廃物排作用・利尿作用・デトックス・美肌効果があるとされます。


・シリカ(ケイ素)
皮膚に多く含まれ、コラーゲン生成のサポートをしてくれます。皮膚の他、骨・歯・爪・髪・血管などにも必要な栄養です。(参考:シリカ水の効果とは?シリカ(ケイ素)を徹底解剖



ミネラルウォーターのpH値


ミネラルウォーターのペットボトルのラベルには「pH値」が記載されている商品が多いです。「pH値」は水の中の水素イオン濃度指数を表しています。(ちなみに水素水に溶けているのは水素分子であり、水素イオンとは全く別物と考えてもらって大丈夫です。)



pH値は0から14まであり、pH=7.0を中性とし、それより数字が小さければ酸性、大きければアルカリ性です。学生時代に理科の授業で「リトマス試験紙」という色が変わる紙を使って、酸性かアルカリ性かを調べたことは記憶に残っている方が多いかと。


日本で販売されているミネラルウォーターは、たいてい、pH=6.5(弱酸性)からpH=7.5(弱アルカリ性)の間です。


酸性とアルカリ性の水はどっちが体に良いのか?


ミネラルウォーターを買う時に裏面に記載されているpHの値を見て、その数字を購入するかどうかの判断にしているという人はあまりいないでしょう。そもそも、酸性の水とアルカリ性の水はどっちが健康には良いのでしょう?


私たち人間の体液は中性かと思いきや、実はpH7.4程度の弱アルカリ性なので、飲む水で相性が良いとされるのは酸性よりもアルカリ性の水のほうです。


そして年齢を重ねることや疲労が原因となり体が酸性へ向かってしまうことによって、代謝の悪化などにつながり、将来的な病気を引き起こす原因になることもあります。アルカリ性の水を飲むことは体が酸性へ向かうのを予防してくれます。


肌は弱酸性?


人間の体の中は弱アルカリ性。これに対して体の外=肌はもともと弱酸性です。が、皮脂・汗などによってアルカリ性に向かってしまいますので、洗顔石鹸・化粧水としては酸性のほうが適任です。


以上のように、体の内側と外側では、アルカリ性と酸性の関係が逆になっているのは覚えておくと良いですね。





オススメ☆水素水

 

水素水の種類と選び方

 

水素水の基礎知識

 

水に関するお役立ち情報